SLCの実験動物は、定められた生産管理基準に基づいて、一定の環境下で厳重な微生物統御および遺伝的統御により生産され、それぞれの特性を保持していることが定期的にモニタリングされております。
微生物検査成績書は毎月1回発行します。
遺伝検査成績書は毎年1回発行します。


特性をもった均一な実験動物の生産を目標に、生産管理基準に基づく厳密な生産方式により、系統の維持・生産を行っております。
(1)クロ−ズドコロニー
  • 循環交配方式による維持・生産
(2)近交系
  • 系統維持集団:兄妹交配による系統維持と種動物の生産
  • 増殖集団:維持集団よりの種動物の兄妹交配により、生産集団用の種動物とF1生産用種動物の増殖
  • 生産集団:増殖集団よりの種動物で構成し、非兄妹交配により実験供試動物を生産
(3)交雑群
  • 各近交系増殖集団よりの種動物を交雑し、F1動物を生産


バリアシステムの飼育室の環境条件を下記の如く設定し、飼育管理を行っています。
温度
マウス・ラット・ハムスター・23〜25℃
スナネズミ・・・・・・・・・・・・24〜26℃
モルモット・・・・・・・・・・・・23〜25℃
ウサギ・・・・・・・・・・・・・・・20〜24℃
湿度
45〜65%
換気回数
オールフレッシュエアー 10〜15回/時
飼育室
  静圧差
50〜200Pa(5〜20mmH2O)
照明
150〜300Lux (床上80cm)
明( 8:00〜20:00)、暗(20:00〜8:00)
空気
前面・中間・最終(HEPA)の3段階フィルタによる除塵・除菌
送風
パン型エアーディフューザーによる吹き出し方式



SPF動物用飼料としては、日本農産工業株式会社製高圧滅菌用固型飼料およびPMI 社製高圧滅菌用固型飼料・放射線滅菌用固型飼料、 船橋農場製放射滅菌固型飼料を、クリーン動物用には、日本農産工業株式会社製固型飼料を供与しています。

モニタリングの対象とされる微生物・頻度および検査動物(SPF動物)
(*)SPF動物のみ検査
検査項目 検査方法(1) 検査頻度
匹数(2)
検査対象動物
マウス ラット ハムスター スナネズミ モルモット ウサギ
Pseudomonas aeruginosa(*) 培養 2回/月
Citrobacter rodentium 培養 2回/月 × × × × ×
Salmonella spp. 培養 2回/月
Salmonella typhimurium 血清 2回/月
Pasteurella pneumotropica 培養 2回/月 ×
Pasteurella multocida 培養 2回/月 × × × × ×
Bordetella bronchiseptica (3) 培養・血清 2回/月 ×
Streptococcus pneumoniae 培養 2回/月 × × ×
Streptococcus zooepidemicus 培養 2回/月 × × × × ×
Staphylococcus aureus (4) 培養 2回/月 × × × × ×
Corynebacterium kutscheri 培養・血清 2回/月 × ×
Yersinia pseudotuberculosis 培養 4回/年 × × × × ×
Clostridium piliforme 血清 2回/月
Helicobacter hepaticus PCR 4回/年(mouse)
2回/年(rat)
× × ×
Helicobacter bilis PCR 4回/年(mouse)
2回/年(rat)
× × ×
CAR bacilus 血清 1回/年 × × × ×
Mycoplasma pulmonis (5) 培養・血清 2回/月
Mouse hepatitis virus 血清 2回/月 × × × × ×
Sialodacryoadenitis virus 血清 2回/月 × × × × ×
Sendai virus 血清 2回/月
Hantavirus 血清 3回/年 × × × ×
Pneumonia virus of mice 血清 1回/年 × × ×
Mouse adenovirus 血清 1回/年 × × × ×
Lymphocytic choriomeningitis virus 血清 3回/年 × × × ×
Ectromelia virus 血清 3回/年 × × × × ×
Murine norovirus PCR 1回/年 × × × × ×
 Minute virus of mice  血清 1回/年  ×  × ×  ×  × 
 Epizootic diarrhea of infant mice virus 血清 1回/年  × × × × ×
 Theiler's murine encephalomyelitis virus  血清 1回/年  ×  ×  ×   ×
 Reovirus type 3  血清 1回/年  ×  ×  ×   ×
 Toolan's H-1 virus  血清 1回/年   × × ×  ×  ×
 Kilham rat virus  血清 1回/年  ×  × × ×  ×
Pinworm 鏡検 2回/月 × ×
Intestinal protozoa 鏡検 2回/月 × ×
Eimeria caviae 鏡検 2回/月 × × × × ×
Eimeria spp. 鏡検 2回/月 × × × × ×
Ectoparasits 鏡検 2回/月 ×
Psoroptes cuniculi. 鏡検 2回/月 × × × × ×
Pneumocystis murine(4) 鏡検・PCR 2回/年 × × × × ×
Dermatophytes 培養 2回/年 × × × ×
(1)SLC微生物モニタリング・マニュアルの病原体診断法に基づいて実施、剖検時に異常を認めたものについては必要に応じてその部位の菌検索と病理組織検索を行う。
(2)異常動物・・・各生産室で異常が認められた動物。
注:検査週齢、匹数および検査頻度は、生産規模等に応じて変動する。
(3)モルモットとウサギ以外は培養検査のみ実施する。
(4)本検査はBALB/cSlc-nu/nuおよびKSN/Slcマウスのみを検査対象とする。
(5)血清反応はマウス・ラットのみELISA法にて3ヶ月に1回実施する、その他の動物は培養検査のみ実施する。



微生物学的環境条件の統御がうまくいっているかどうか、また使用器材の滅菌方法が完全に行われているかどうかを確認するため、落下細菌検査、高圧滅菌器・エチレンオキサイドガス滅菌器の性能試験、水質検査を定期的に実施しています。


各生産コロニーの生産効率について週報により監視すると共に飼育技術員が作業時に動物観察を注意深く行い異常動物の早期発見に努めております。



近交系マウス・ラット
  1. 生化学的マーカー検査
    • 検査対象動物、検査匹数および頻度:各近交系の雌雄3匹ずつ年1回
    • 検査方法:電気泳動法によるアイソザイムの検出、SLC遺伝的モニタリング・マニュアルに基づいて行う。
    • 免疫遺伝学的マーカー検査
      • 検査対象動物、検査匹数および頻度
        マウス・・B10コンジェニック系統および各近交系の雌雄3匹ずつ年1回。
        ラット・・主要系統の雌雄3匹ずつ年1回
      • 検査方法:マウス・・MHCのクラスI抗原系のH2K, H2D遺伝子座について補体依存性細胞障害試験を、SLC遺伝的モニタリング・マニュアルに基づいて行う。
        ラット・・・・RT1.A遺伝子座について外部機関に検査を依頼する。
       
    • マイクロサテライトマーカー検査
      • 検査対象動物、検査匹数および頻度:各近交系の雌雄3匹ずつ年1回。
      • 検査方法:PCR法による多型検索、SLC遺伝的モニタリング・マニュアルに基づいて行う。
       
    • 疾患原因遺伝子検査
      • 検査対象動物、検査匹数および頻度
        マウス・・Fas lpr, Fasl gld遺伝子疾患モデルの雌雄3匹ずつ年1回
        ラット・・Lepr fa遺伝子疾患モデルの雌雄、年数回
      • 検査方法:PCR法またはPCR-RFLP法による遺伝子変異の確認


  • 体重測定
    • 臓器重量測定
      • 測定臓器:脳・心臓・肺・肝臓・脾臓・腎臓・副腎・精巣・卵巣・胸腺
    • 妊娠母体および胎児検査(ウサギ・ラット)
      • 検査項目:子宮内、骨格、内臓検査
    • 血液学的検査
      • 麻酔下、腹大動脈より採血(ウサギは心臓採血、マウスは後大静脈)
      • 検査項目:RBC・Ht・Hb・WBC・BP・MCV・MCH・MCHC
    • 血液化学的検査
      • 麻酔下、腹大動脈より採血(ウサギは心臓採血、マウスは後大静脈)
      • 検査項目:TP・ALB・A/G・AST・ALT・ALP・GLU・T.CHO・TG・PL・T.BIL・BUN・CRE・IP・Ca・ Na・K・Cl
    • これらの成績はSLCのデータ集に掲載致します。

Copyright(C) 2005 by Japan SLC, Inc. All Rights Reserved.