実験動物福祉への取り組みについて
実験動物福祉への取り込み

日本エスエルシー株式会社は、昭和24年の創業より「良質な実験動物の生産供給を通じて、人類社会の保健福祉の増進に貢献する。」ことを社是とし、ライフサイエンスの発展と共により高品質な動物、さらに実験目的に合致した動物の供給を旗印に鋭意努力してきました。実験動物福祉に関しても公益社団法人日本実験動物協会の指導の下、真摯に対応しています。

実験動物は、医療技術の向上、新薬の開発、生命科学の発展及び食の安全確保に欠かせない生物資源として広範囲に利用されています。わが国では、実験動物の福祉に関する取り扱いを次の法令等で定めています。私たちは以下の法令等を遵守するべく、実験動物福祉活動を展開しています。

日本エスエルシー株式会社は、実験動物及び動物実験に関してこれらの法令等に則った実験動物の自主管理体制を整え、実験動物福祉の向上を図っています。また、平成19年に3Rs、5つの自由(5フリーダム)原則を盛り込んだ実験動物福祉規程を制定し、実験動物福祉委員会が中心となって社員一同、実験動物の生産供給・輸送・委託飼育・受託実験等すべての業務において実験動物福祉の向上に真摯に取り組んでいます。

日本エスエルシー株式会社の実験動物福祉憲章

飼養保管の状況

主な生産・飼育動物種

マウス・ラット・モルモット・ハムスター・ウサギ・サル

飼育環境

実験動物の飼育室は温度・湿度等を含め飼育環境に配慮したものとなっております。

日本エスエルシー株式会社の福祉規程類

私たちは、実験動物福祉活動をより具体化するために以下の規程を定め、自主管理体制の充実を図っています。また、各種標準操作手順書(SOP)等によって詳細な方法が定められ、実行しています。

実験動物福祉委員会の活動

実験動物福祉に関する自己点検及び評価

日本エスエルシー株式会社では実験動物福祉委員会が社内すべての部署に対して年1回以上の自己点検を実施し、実験動物福祉の状況の妥当性を確認しています。

実験動物の生産計画の確認体制

実験動物福祉委員会による実験動物生産計画書の妥当性及び合理性の確認をしています。

動物実験の審査体制

動物実験審査委員会が動物実験計画申請書を審査し、妥当性及び合理性を審査しています。

実験動物福祉に関する教育

実験動物福祉教育委員会が中心となって実験動物福祉年間教育計画を作成し、実験動物福祉委員、実験動物管理者、実験責任者、実験実施者及び飼養者のみならず、営業、配送及び事務職等を含めた全社員に日々変化する福祉の考えかたや技術についての福祉教育を実施しています。また、公益社団法人日本実験動物協会および公益社団法人実験動物学会の主催する実験動物福祉セミナー(教育セミナーフォーラム、実験動物管理者研修等)に積極的に参加して新しい情報収集をし、各部署への報告を実施することで実験動物福祉の充実を図っています。

実験動物慰霊祭

実験動物慰霊祭を年2回実施し、社員の情操教育を図っています。

自己点検及び評価

実験動物福祉委員により平成27年度の自己点検調査を公益社団法人日本実験動物協会の実験動物生産施設等福祉認証調査に準じる内容にて全の部署で実施し、適正に運営されていることを確認しています。

実験動物生産施設等福祉調査・評価・認証(外部検証)

日本エスエルシー株式会社 全施設(湖東、大原支所、引佐支所、春野支所、中伊豆支所、バイオテクニカルセンター)が、公益社団法人日本実験動物協会による第2期実験動物生産施設等福祉調査を受けています。

日本エスエルシー株式会社では、公益社団法人日本実験動物協会の実験動物生産施設等福祉認証を春野支所及び引佐支所は平成26年2月20日、大原支所及び中伊豆支所は平成27年2月20日、湖東及びバイオテクニカルセンターは平成28年2月5日に取得しています。

Copyright(C) 2005 by Japan SLC, Inc. All Rights Reserved.